「ブリ」と云う魚・・・・

こんにちは。能登美新橋店です。

この写真は一昨日の本店で出てきた、当店の浜焼きのオリジナルメニュー「魚の焼肉天然がんど」と、

最近寒くなってシーズン到来の「能登産天然ぶりしゃぶ」のモノです。

見てください・・お腹空いた状態でこれ見せられたらタマラ〇チ会長ですよね?

「魚の焼肉」に関しては「がんど」ではなく完全に「ブリ」です。

むかぁ~し、このブログで少し説明しましたが、「がんど」とは能登地方の方言で「ブリ」の一歩手前のモノをそう呼びます。

正式名称と云うか、ちゃんと云いますと「がんどブリ」が正しいらしいのですが、スーパーに行っても「がんど」としか書かれていません。

簡単に説明しますと「ワラサ」=「ハマチ」=「がんど」です。ブリは出世魚なので大きさで呼び名が違います。

能登地方ではMAXを「ブリ」そこから順に下がって「がんど」「ふくらぎ」「こずくら」となります。

永遠と呼び名の説明をしてしまいましたが、何を言いたいかと申しますと、今からの季節はメニューに「がんど」と書かれていても、

出て来るモノは「ブリ」になることがあります。写真の色味タマラ〇チ会長です。食べられたお客様もタマラ〇チ会長・・・・とは言わなかったですが、

「ヤバいッ!!」と云う言葉を何回も連呼されていたので、タマラ〇チ会長だったのでしょう。えっ!?表現が古過ぎて解らない!?

ごめんなさい。もう令和ですもんね、「チョベリグ」も解らないぐらいなのに、そりゃそうですよね。

でもでも、この脂ののったブリの身は煮ても焼いても食えないどころか、

しゃぶっても炙っても「クぅ~~~~~~~~」間違いなしです。良く使う「クぅ~~~~~~~~」って何!?ですか?

美味しいモノを頂いた時の、個人的に大好きな役者さんの映像を文字にしたものです・・・・

そんなもん判るかッ!!

ごめんなさい。ごめんなさい。でもでも、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけイメージで美味しいっていうのが解って頂ければ、

感謝感激この上なしです。アッ、勿論このぐら脂ののった「ブリ」ならお刺身も勿論美味しいでございます。

お刺身なら薬味は「すりおろしにんにく!」(これについては今度ブリのお造りの写真と共にブログで話します)これに限ります。

今日の「能登産の天然ブリ」さんのご機嫌(モノの良さ)は如何かなぁ~?

 

本日も能登美は各店は昼飲みから、旬の海鮮や野菜、美味しいお料理をご用意して皆様のご来店心よりお待ちしております。