いつの日にか・・・・

こんにちは。能登美新橋店です。

子供の頃、祖母に頼まれて100円玉一枚握りしめ、良くお使いに行った記憶があります。行った先は魚屋さんです。

百円玉一枚渡すと、「はい!」と、お店のおじちゃんがビニール袋に入れて渡してくれます。その中身は、8~10匹ほどの頭を落とした「イワシ」でした。

その当時、イワシと云えば下魚も下魚。人間のお食事どころか、養殖のお魚さんのお食事になるくらいでした。

毎日のように、塩焼きにしたイワシを食べた記憶があります。テーブルのおかずを見て「またイワシかぁ~・・・・」といつも思いました。

ただ、食べると美味しいんですよね。焼いたイワシで ご飯ガツガツ食べれました。

そんな下魚も下魚と云われ続け、長年ずっと価値を認めてもらえなかったイワシ。

ところが近年、自然の変化か乱獲か理由は自分には判りませんが、漁獲量が激減し、下魚が高級魚!!どころか「幻の魚」と云われるまでになりました。

正に苦汁をなめ続けて、やっと成功したサクセスストーリーの様に個人的に感じます。

ただ、一つだけ云える事は、下魚と云われていた頃から、味は「本物」だった。

どんなに希少になっても美味しくなければ価値は上がりません。

ピカピカに光ったきときとな脂ののったイワシを、綺麗におろしてお刺身で食べて見てください・・・思わずニヤッとしてしまいます。

そんな能登のイワシも名残の時期になってきました。間に合うウチに是非当店でお試し頂ければと思います。

いつの日にか、「イワシ」さんみたいに皆様から認められる様、当店もスタッフ一同日々努力していこうと思っております。

能登美各店は旬の海鮮をご用意して、昼飲みから深夜営業まで幅広く 皆様のご来店いつも心よりお待ちしております。