プロローグ・・from 新橋 海鮮 居酒屋 能登美

こんにちは。能登美です。

今日は別館のみの新メニューのご紹介でございます。その名も「自家製炙りチャーシュー飯」でございます。

この自家製炙りチャーシュー、口の中に入れると まず炙られた事による香ばしさがフワッと口の中に広がります。

そしてすかさず脂身の部分がトロぉ~っと溶け始め、そこからキリッとした塩見が追っかけてきて味の輪郭がみえます。

この香ばしさ、トロミ、塩見の味の三重奏にご飯の甘みが加わると、もうその旨みは3+1=4ではなく無限大。

あえて大袈裟に言いましょう 色々な旨味が重なり合う、味のオーケストラの完成でございます。

色々とオーバー過ぎな表現で語ってまいりましたが、そもそも何で能登美の新メニューでチャーシュー!?・・・・ですよね?

それは昔からの自分の夢というか目標というか、今一つのプロジェクトが密かに進んでおりまして(本当に大袈裟でごめんなさい。盛男(もりお 話を大きく話す人の意)の戯言でございます。)

このチャーシューはそのプロジェクトのタスクなのでございます。

この「自家製炙りチャーシュー飯」はプロローグでございます。もう少ししたら皆様にちゃんとご紹介できると思いますので

どうか、どぉーーーーーーーか、見捨てずに宜しくお願い致します。