塩ラーメン 東京 こだわり「スープ」と「麺」続き・・from 水道橋 ラーメン 能登美

こんにちは。能登美です。

今日は長すぎて読み疲れから、誰も読んでくれなくなってしまった昨日のお話の続きでございます。

僕の記憶の中のドキュメント動画により、ここしかないッ!!と麺選びの際、瞬間の一択で決めた製麵所さんに直ぐ電話しました。

営業担当はYさんと云う方でしたが、Yさんはどこの誰とも判らない電話越しの僕に、本当に色々丁寧に教えてくれました。

味見専門ですが、想いだけは誰にも負けない僕は(こう云う奴が一番ウザイですね)理想をアレコレ伝えたのですが、

「良いですねぇ~そんなの聞いた事がないです!」と「ご飯に合う塩ラーメン」のコンセプトを凄く評価してくれました。

プロフェッショナルな方のお褒めの言葉に気を良くした自分は、

「自分の理想の麺は、塩ラーメンですが細くなく、ウエーブもせずストレート、中太気味で、例えると、醬油の名店〇〇〇〇〇さんの麺みたいな感じです。」

とウザウザで伝えたのですが、まずその名店は自家製麵でして、「この俄か野郎が超面倒くせ~!!」と思われて然るべきだったと思います。ですが、

Yさんは「解りました。それでは何種類かサンプルを送らせていただきますので、その味を見てもらってまた意見を聞かせて頂ければ」と丁寧に応えてくれました。

そして待ちに待ったサンプルが届き蓋を開け見た瞬間、「良いなぁ~・・・・」これがファーストインプレッションでした。

どの麺も、俄か野郎の僕の理想通りの見た目、その中でも「日本蕎麦」の様な色目の麺にめちゃくちゃ惹かれました。

早速その時点での試作スープで試食となったのですが、すすった瞬間

「Yさんはプロ中のプロだ・・」云うなれば「リーチ一発ツモ!メンタンピン三色ドラドラドラドラ」的です。いい加減にしろ?

すいませんそうですよね・・・・ただでさえ長い文章なのにごめんなさい。あんな訳の解らない僕の電話で良く一発でここまで・・と云うのを伝えたかったのです。

しっかりとした歯応え、決して固いわけではなく弾む感じ、そこから小麦のかほりが口の中に広がり「旨いッ!!」となりました。

他のサンプルも試したのですが、一目惚れしたその麺には敵わず「これか!!」と。Yさんに早速連絡すると

「その麺は国産の小麦を使ってるんですよ!だから高いんですけどね」との事。なるほど。旨いものはやはり高い。

その後も色々麺を送って頂いたのですが、やはり「一目惚れ」が一番美味しくこれに決めましょう!となりました。

並行してスープも試行錯誤を繰り返し、試食もどれだけしたか判らないぐらいでしたが、元来ラーメンが大好きなので苦でもなんでもなかったです。

そしてある日「出来たんじゃ?」と感じた瞬間が来るのです。

スープを一口・・・・ほんのり魚介の風味が立ち、その後で動物系の旨味と塩気がやって来る。麺をすすると小麦のかほりが口の中に広がり

スープだけ飲んだ時は、「今の味」なのですが、麺と合わせるとどこかノスタルジックな感じ。新しいようで懐かしい・・・・

「出来たッ!!」能登美のラーメンが出来上がった瞬間でした。

ご飯との相性や、付け合わせの具、俄か野郎の勝手なこだわりの最後のスープ雑炊など、宿題はまだまだ山ほどあったのですが、とにかく嬉しかったのを覚えてます。

 

 

ダメですね・・・・想いが強過ぎて、元々下手くそな文章が更に酷くなってます。

今日はここまでで。本当にごめんなさい。見捨てることだけはどうか許してくださいませ。本当に本当にありがとうございました。

 

店舗詳細はこちら!!

↑↑↑↑↑↑↑↑

こちらをクリック!!

「ラーメン能登美」

営業時間【AM11時~PM2時半】

定  休  日【年中無休】

所  在  地【東京都文京区本郷1-4-1全水道会館1階】