塩ラーメン 東京「あれ??あれあれあれ??」・・from 水道橋 ラーメン 能登美

こんにちは!!

マックスO・Tです!!!!

み!な!さ!ん!

大大大ニュースでございます!!

まだこれから最終調整をしなければなりませんが

なんかとんでもなくクセになる商品が誕生いたしました!!

またもやZさんがやってくれました

『能登のいしる油そば』

能登の名品『いしる』をふんだんに使った油そば!!

オーダーから2分も経たずに着丼。(忙しくない時限定です。)

まずお腹がペコペコな状態でこれが目の前に来た時

「あれ?ちょっと期待外れだったかな?」と思いました。

まあまぁお待ちなさい。

カリスマがお箸二刀流で下から上からどんどん混ぜてくれます。

立ち上がる湯気。

と共に鼻の奥に突き刺さるいしるの香り。

そのまま脳味噌の空腹中枢まで一直線です。

口が。胃が。全身が。

もう目の前のそれから意識を離そうとしません。

全細胞をもってコイツを喰いたい

腹の底からそう感じられる。

ズルッズルズルッズズズー

待ちに待った体ひとつ一つが静まります。

ゴクリ。

飲み込んだ瞬間

あの『ジョホールバルの歓喜』の時のように

全観客がスタンディングオベーションです。

五感全てで喜びを感じさせてくれます。

 

でもこれは正直、前座です。

・・・・・。え??今までの熱の入った語りは何?

はい、すいません。

でも本当に味わって欲しいのはここからです。

当店のコンセプトとして

『ご飯に合う』というのをオープンからずっと言い続けてきました。

なので、いくらラーメン単体が美味しくても

ご飯に合わないという理由でボツになったものも沢山あります。

この油そば。

残った汁に熱々の米を放り込み

またしても混ぜます。

一口。

笑いました。

カリスマが笑ったんです。

僕とカリスマの間の共通意識の中で

美味しさを表現する指標??みたいなものがあって

美味しいレベル1→何かしらの言葉にして表す。

美味しいレベル2→沈黙。

美味しいレベルMAX→鼻で笑う。

僕カリスマとはもう7年くらいお付き合いさせて頂いていますが

笑うの見たのはもしかしたら初めてかもしれません。

それくらい美味しいということを皆様にお伝えしたかったんです。

まだ完成はしてないんですが早く皆様のお心に届けられるように

頑張ります!!

是非ご期待ください!!