塩ラーメン 東京「喜びのカタチ」・・from 水道橋 ラーメン 能登美

こんにちは!!

マックスO・Tです!!!!

皆様心から嬉しいと感じた事はありますか??

色々なカタチがあると思いますが僕は今日ある2つのカタチに出会いました。

シルバーウィークが始まり今日で3日目

本日はご家族でのご来店が多く見受けられました。

あるご家族がご来店されて

「子供用のラーメンはありますか?」と聞かれたので

『申し訳ございません。ご用意がないです』と答えました

「なら仕方ない。子供2人でラーメン一杯で良いかな」と。

3杯の「特製潮そば」をご注文されて食べていたんですが

お子様が急に喧嘩をし始めました。

「これ美味しいから僕が全部食べる!!」

『やだ!!僕が食べる!!』みたいな感じで・・・・

 

素直に嬉しかったです。

あと、『家族を連れて行ける店』=『安心できる店』

そういう面でも今日は嬉しい1日となりました。

 

もう一つは今日の最後のお客様なんですが

ラーメンのみのご注文。

そういう注文が1番ドキッとします。

特に悪い意味ではないんですが、やはり「ご飯に合う」という

コンセプトの中で「ご飯は必要ないです」と言われると

ラーメンの味を試されてるなと思い変に勘ぐってしまいます。

残るはそのお客様のみ店内には静寂とラーメンをすする音だけ。

・・・・

スッと立ち上がりお会計をします

僕の表情は笑顔でしたが内心はドキドキ。

 

 

『素晴らしい。えぇ仕事されてますね。』

・・・・

 

「ありがとうございます!!!!」

認めてもらえたんだな。と本当に嬉しく思いました。

あの言葉ってもしかしたら

僕の中で1番輝くご褒美かもしれません。

 

と今日会った2つの喜びのお話でした。

皆様のこういう声を増やして行けるように

スタッフ一同尽力してまいります。

今後ともなにとぞよろしくお願い致します。