塩ラーメン 東京 こだわり「ご飯」・・from 水道橋 ラーメン 能登美

 

こんにちは。能登美です。

昨日金沢より帰って来て、直ぐラーメンとご飯の試食だった為疲れ切っており(言い訳ですごめんなさい)

雑なブログになった事を非常に反省しております。ですのでもう少し解かり易く、今日から4日に分けて

能登美のラーメン事業部のお話をしたいと思います。

今日は「能登の潮そば」に、サービスで強制的に付く「ご飯」に付いて語らせて頂こうと思います。

僕はこのブログでも何度かあげましたが、飲食店の白い「ご飯」って凄く凄く大事だと思っております。

お料理がいくら美味しくても、最後の「ご飯」がイマイチだとガッカリ三太郎になっちゃいます。

逆にお料理がそこまででなくても最後の「ご飯」が美味しいと、このお店は誠実だなぁと感心してしまいます。

僕は子供の頃から、ご飯一粒でも残したら目が潰れると育てられました。そして、能登の人達は

「飯さえ旨けりゃ塩だけでも喰える」と良く言います。

最近色々なラーメン屋さんがご飯に合う事をウリにしているのを見かけます。し、僕も何度も食しました。

その度に、せっかくラーメンは美味しいのに、何故あまり美味しくないご飯を出すのだろう・・

と、毎回疑問に思っておりました。しかしそれは他店のやり方ですので口を出すべきではないと思いますし、感じ方は人それぞれです。

でも、今回ラーメンをやろう!!となった時、自分の中で最初に浮かんだのが

ふくよかな甘みのある、能登の天然塩を使った「ご飯に合う塩ラーメン」だった為

ウチはまず美味しいご飯に拘ろう!!となりました。

研ぎ方、炊き方、その他諸々全部一から何度も何度もやり直し、ラーメンに合うのはどこだ?

と徹底しました。そしてようやく昨日 当店のラーメンに合うご飯が炊けました。

写真を見て下さい。この艶。これは加工した色目ではございません。

iPhoneの最初から入っている黒いカメラアプリで撮影したものです。

この艶の輝きをもった炊き立てのご飯と塩気のあるものを食べる・・・・そら旨いわなぁ~

になって欲しいのですが、ちゃんと本気のラーメン屋を目指しておりますので、安易な考えは捨てます。

当店のお米は能登の農家さんから直買いしておりますが、今使っておりますお米は

能登島町の寺西さん作純米コシヒカリでございます。試行錯誤して出来た艶艶なご飯を一口・・

粘りのあるふっくらとした食感、ご飯特有の甘み、喉を通る時のグビっとした感覚・・

「旨いッ!!」こら試食なのに食べ過ぎて困るぞ!という具合でした。

同じく試食で作ったラーメンのスープだけ一口飲んで、ご飯をかっこんで咀嚼する・・

幸せって色んな所にあるんですね・・・・と感じた瞬間でした。

ラーメン能登美はお昼の4時間だけの営業ですのでご飯はいつも炊き立てをご用意させて頂きます。

そして常に安定した味が出せるように努力を惜しまず頑張りますので、皆様宜しくお願い致します。

明日は、「塩ダレ」についてお話させて頂こうと思います。本日も長々とありがとうございました。

 

店舗詳細はこちら!!

↑↑↑↑↑↑↑↑

こちらをクリック!!

「ラーメン能登美」

営業時間【AM11時~PM2時半】

定  休  日【年中無休】

所  在  地【東京都文京区本郷1-4-1全水道会館1階】