強く、強く・・・・

こんにちは。能登美新橋店です。

今日は水道橋のお話です。

当店は水道橋に「本店」「別館」「はなれ」と三つ店舗がありますが、どれも一つ一つはこじんまりとしたちっさい居酒屋でございます。

白山通りを挟んだ東京ドームの向かい側にありますが、ドームのイベント終わりの、何万人とも云われる人達のほんのほんの一握りの方がご来店されても

すぐ満席になってしまいます。今日はそんな中であったお話を一つさせて頂こうと思います。

先日クライマックスシリーズがありました。その日、某虎さんのチームはもう後がない状態での試合でしたが、結果は某オレンジ色のチームの圧勝=優勝でした。

試合後は本店からすぐ埋まっていきます。本店が満席になってしまった状態で、あるお客様が来てくれました。

その出で立ちを見れば何をしに水道橋に来ているのかは一目瞭然でした。虎さんの旗が二つ靡く(なびく)帽子をかぶられたご夫婦は、

「今日兵庫からこの試合の為に来たんです、入れて下さい!」との事でした。結果を勿論知っている僕は残念さを解った上で、

「すいません、本店は今いっぱいなのですが、歩いて20秒程のところにはなれがありますので、空いてるか聞いてみても良いですか?」と言いながらはなれに連絡して、

「メニューも一緒なので!アッ、カウンターが後二席だけあいてるらしく、そこでも大丈夫ですか?」と話したところ、

「良いですよ!」との事でご案内させて頂きました。

その日は野球終わりのお客様や、ラグビーのWC関係で終始忙しい営業でした。

二時間ほどして、本店の入り口に見たことがある人が二人立っておられました。僕は出て「アッ!!」っと気付きました。

そのお二人は先程自分が「能登美 はなれ」にご案内した某虎のチームのファンのお客様でした。

「めちゃくちゃ良いお店でした!!阪〇負けたけど、それでも良いと思えるぐらい本当に良いお店でした。」

「また来させて下さい!!」と腰を90度に曲げて頭を下げてお礼の言葉を言われました。

最近年のせいで涙腺が弱い自分は、その言葉と姿に、もう、ちょっと見える景色がゆがんでしまいました。

「それなら良かったです、とんでもないです、わざわざありがとうございます!こちらこそよろしくお願い致します!」とお伝えしました。

僕は社員lineとアルバイトlineに直ぐその事を流しました。こう云う事の積み重ねが、お店を強く、強く、していくと。色んな逆風が吹いても倒れないお店になっていくと。

 

今日もまたそう云うお話が生まれるよう、皆で必死に頑張っていきます。

今日も能登美各店は昼飲みから深夜営業まで、旬の海鮮や野菜、美味しいお料理をご用意して皆様のご来店心よりお待ちしております。