忘れられない味・・・・

こんにちは。能登美新橋店です。

今から約35年ほど前に、七尾のあるお寿司屋さんで、ある方に家族でご馳走になったことがあります。

その時色々食べさせてもらったのですが、一つだけ今も忘れられない食材があります。

それは・・・・「石崎えび」(いっさきえびと呼びます)。この海老様、地元七尾市石崎漁港(いっさきぎょこう)で揚がるのですが、

あの時の情景、味わいは今でもそこだけくり抜いた様にはっきり覚えております。

まず身はプリっぷりでございます。子供ながらに一生懸命咀嚼すると、この海老独特の風味が口いっぱいにひろがります。

そして後を追って、決してしつこくない優し~ぃ甘みがやってきます。

「まんでまいねこの海老ッ!!」(物凄く美味しいねこの海老)小学生だった自分は大将に叫びました。

すると、大将は「この海老はなぁ、それだけじゃないげんぞ、待っとかな、今したっさかい」(待っててね今作るから)と言ってくれました。

なにが出てきたか・・・・それは香ばしく焼いて塩を軽く振られた海老の頭でした。

「これ味付いとっさかい、そのまま食べて!」パクッ・・・・・!!!!!「なにコレッ!!」

あの時の食感と濃厚なミソの味わいを今も忘れられないんです。その時一緒にいて、同じく食べさせてもらった姉も今だに同じ事を言います。

唯一惜しむらくは、まだ子供だった自分はお酒と一緒に「アレ」を味わえなかったことぐらいですかね・・・・。

長々と「石崎えび」を語ってきましたが、その理由を云いますと、

今日の能登美新橋店と能登美新橋2号店にたまたま、本当にたまたま、この「石崎えび」様が入って来たんです。

もし、もし、宜しければ、一度試して頂きたく思います。個人的な超超オススメですので・・・・。

能登美各店は、今日も昼飲みから深夜営業まで、旬の海鮮をご用意して皆様のご来店心よりお待ちしております。