新橋 居酒屋「名残のイワシ」・・from 能登美

こんにちは。能登美です。

最近、毎日こんなに正直にならなくても良いのに・・・・と思います。

何が?と思われましたでしょうか?僕は子供の頃から噓はついちゃイケない!!正直者で生きろ!!

と教えられて育ちました。尚更何?と思われてますでしょうか・・・・えっとですね、天気なんです・・・・

すいません!!くだらなくて、ごめんなさい。いやあのぉ~朝から晩まで走り回って少し疲れてるのかもしれません。

本当ごめんなさい、いや毎日毎日雨ばっかり・・いくら梅雨でももういいよと思いまして。

梅雨前線さんたまには噓つきになってくれて良いですよ!と。「ぜんっぜん雨降らんやん!!どこが梅雨やねん!!」

的な・・・・・アッ、ごめんなさい。本当に真面目にやります。

 

シトシトシトシト雨が降る中、キーンと冷えた純米酒をキュっと一口。かほり、旨味を確かめながら喉を鳴らす。

口の中に残った酒の余韻を楽しみながら箸を伸ばした先には「イワシの造り」。

おろした生姜をほんの少し身にのせ口に運ぶ・・絶妙な歯ごたえを感じると直ぐに脂の旨味が口の中に広がる。

あまぁ~い身の味に無意識に舌鼓が鳴ってしまう・・「判っているよ。」はい!と、舌と喉に欲しがる酒を与える。

こんな日は雨の音も酒のアテにしてしまおう・・・・。ふぅ~梅雨も悪くない。

 

能登のイワシもそろそろ終わり。今のうちに是非当店で楽しんでいただければ幸いでございます。

本日もありがとうございました。