新橋 居酒屋「想い」・・from 能登美

こんにちは。能登美です。

いつもの如くいきなりですが、僕の一番好きな水菓子はスイカです。子供の頃からずっとこの想いは一筋です。

昔母親が「お前がお腹におるとき、お母さんまんで(とても)スイカ食べたかったんや」と教えてくれました。

そんな想いが遺伝したのでしょうか?後は幼少期 家にあった飲み物は麦茶だけだった為、

甘くてジューシーなスイカはのどを潤す恰好の品、それこそ貪り食べました。

あまりに皮ギリギリまで食べるので、スイカを知らない人が見たら(いないと思いますが)中身は白いモノなの?と思うぐらいでしたね。

大人になるにつれ「マンゴー」や「ピオーネ」等色々食しましたが、やはりその想いは変わりません。

先日ラーメンプロデューサーのJ氏のお父様が実家で作られたスイカを送ってきてくれました。

僕が無類のスイカ好きと知ってるJ氏は「出来あんま良くないらしいですけど、よかったら食べて下さい」と僕にくれました。

切った瞬間のかほり・・・・ぼやぁ~っと田舎の風景が浮かんで来ます。

もうその瞬間判るんですよね。絶対美味しい!!って。一口含むと

・・・・・何と言いますか甘いとか旨いとか舌では無く、ジわぁ~っと心に沁みる味。

J氏のお父様が一生懸命作ってくれたスイカ、親が子を想い送ってきてくれたスイカ、そう云う最強のスパイスがあったかもしれません。

でもでも掛け値なしに本当に本当に美味しいスイカでした。思わず次の日この写真を料理長とマックスO・Tさんに見せたぐらいです。

あんな美味しいスイカを頂いたら能登の地が恋しくなってしまいました。今年のお盆のお墓参りはやはり無理なのかなあ・・・・