新橋 居酒屋「能登のお店」・・from 能登美

こんにちは。能登美です。

今日はいつもと趣向を変えて、僕が好きな地元能登のお店のお話をさせて頂こうと思います。

「趣向を変えて!?」偉そうに・・・・とか言わないでくださませ・・優しい目で優しい目で見て頂ければと思います。

皆様、よく「安くて旨い店」って言葉聞きますよね?・・・・僕個人が勝手に、ここは本当にそうだよなぁ~って思ってるお寿司屋さんがあるんです。

そのお寿司屋さんは、最初座るとお通し代わりにまず能登の「生のワカメ」をポンッと、大将が寿司下駄の上にのせてくれます。

それをワサビ醬油で頂くのですが、まずこの「ワサビ」が旨いんです。なんたって目の前で大将が「生の本ワサビ」を丁寧に鮫皮でおろして出してくれるんですから。

「能登の甘みのあるお醬油と鮫皮でおろしたての生本ワサビに能登の新鮮な生ワカメを付けて食べるぅ!?」何を言っているのか解らないかもしれませんが、とにかくめちゃくちゃ旨いんです。

意地汚い僕なんかはこれだけで瓶ビール2本は呑めちゃいます。その後の「アテ」。僕はいつも大将にお任せで色々切ってもらいます。

一枚目の写真を見てください・・・・この「トロ」ちゃん!!まずね、何が違うって香りがぜんっぜん違うんです。

マグロってこんな良い香りするっけ?って思います。勿論そっからの旨味は本当に凄くて、ことば~にできな~い♫旨すぎてぇ~♫って感じです。

しかも超旨いのに、潔すぎるくらい直ぐ口の中から溶けて消えていくんですもの・・・・。もうちょっと咀嚼させて下さいよぉ~って思っちゃいます。

後は「貝ッ!!」。能登は貝がめちゃくちゃ美味しいんです。特にお勧めは、能登美でもお出ししている能登でしか獲れない「赤西貝」。

この食感と甘みは初めて味わうと、頭を金槌で殴られたかな?と思ってしまいます。コリコリの振動でちょっと脳がビックリするくらいです。

これからの季節は能登で獲れる「岩ガキ」さんなんかも出してくれるのですが、そのミルク具合と言ったらそりゃあ・・・・

ヤバい・・思い出したら興奮し過ぎてまた長くなってますね。ごめんなさい。こっからは短めでいきますね。

色々つまんでお酒もたらふく頂いた後はお寿司です。僕はいつも自分の食べたいネタを色々好き勝手に大将に頼んで握ってもらいます。

確かに高級店の様な、鮨一貫がもう既に「お料理」になってるお鮨ではありません。でも実直なお寿司でほっとする味なんです。

最後はお土産まで作って頂くのですが、お会計が「!?」良いんですか!?これで!!??本当に??と毎回思ってしまいます。

僕の地元の憩いの場のお店ですが、グルメサイトとかで探しても絶対に出て来ないんです。ですので、もし興味を持たれたら能登美に来た際に僕にこっそり聞いて下さいませ。

今日はこんな感じです。いつもいつもくだらない四方山話にお付き合い頂き本当にありがとうございます。