新橋 居酒屋「Feelings to heaven・・・・」・・from 能登美

こんばんは。能登美です。

『能登の手打ち新蕎麦』は、今日から能登美別館でのみ1日限定10食でスタート致しました。

なぜ限定10食なのか?・・・・・それは営業前に蕎麦打ち名人貢さんが手打ちするからでございます。

当店は蕎麦屋の専門店ではございません。ですので、通常営業に入るまでに多々ある通常メニューの色々な仕込みや準備がございます。

それと並行してプロフェッショナルな技量を用いて作る蕎麦はその数が限界なのでございます。

貢さんが徹底して吟味しこしらえてくれたお蕎麦。「見た目」、「かほり」、「味」、「食感」、「心」、五感を刺激する逸品でございます。

試食した時、蕎麦が大好きな僕はそれをつくづく実感しました。

最後の「心」、これは僕が勝手に想ったモノなので、他の方には四感だと思います。

その「心」とは、7月に亡くなられた貢さんの大好きな大好きなおばあちゃんが、

もし食べれる事があったとしたら、どれ程、どんなに喜ばれただろうかと・・・・

あの「みっくん」が一生懸命心を込めて打った蕎麦。それだけでおばあちゃんにとっては「最高」の二文字しか無いでしょうが、

この味は本当に本物中の本物です。

刻(とき)は絶対に戻せない儚いモノなのでしょうね・・・・でも僕達は生きています。

どんなに辛い事や嫌な事があったとしても生きていかなければいけないと思います。

せめて、貢さんの打った蕎麦を食べられたお客様の表情、その想いが天国のおばあちゃんへ届いてくれたらと想います。

限定10食、19時過ぎの時点でもう残り3食との事でした。召し上がられたお客様は「このお蕎麦は次いつあるの!?!?」等大絶賛だったとの事でした。

ご来店の際、ある場合は是非是非皆様に食して頂きたいです。宜しくお願い致します。今宵もありがとうございました。